トップページ> 漫画的な効果 > 衝撃

衝撃を表す効果っぽいものを作る

 下の画像の、赤丸部分のような効果の作り方を覚書してみたい。


▲人物部分はPoser。モデルは、 Michael4

ブラシを使って、白で適当に塗る。


▲見やすくするため、背景をグレーで塗りつぶしてあります

 

ツールから「指先ツール」を選択

画面上部で「強さ」が変えられるので、40%~70%あたりに適当に変えながら、塗りつぶし部分をドラッグして伸ばす

レイヤーを複製し、
下側のレイヤー(下の例だと「レイヤー2」)を選択

 

画面上部メニュー「フィルタ」→「スケッチ」→「コピー」を選択

 

ディティールを8、暗さを11にして、OKをクリック


▲このあたりの値は適当。縁が黒っぽくなればOKだと思う

 ふんわりフチドリされ、衝撃効果完成。

 写真などに合成しても、ふんわりフチドリのおかげで、漫画的な効果が出る…ような気がする。

 

関連: Michael4 Base紹介 


Photoshop(フォトショップ)は、多くのプロが使用している本格的なペイントソフトです。
トップページ> 漫画的な効果 > 衝撃 もくじ