トップページ> 小技 > その他の小技

パスで描いた形状に色を塗る

 複雑な形状に色を塗りたいなあ、というときに「パス」を使うってことはなんとなく知っていた。

 けど、実際にやってみたら、まるですんなりいかなかったので、やり方を覚書しておこう。


▲Photoshopのパスを使って、アニメっぽい髪を描いた例

やり方

ツールボックスの「ペンツール」を選択
画面上部のオプションから「パス」(ペンが線で囲まれたようなアイコン)をクリック

 好きな形状を描く

 ツールボックスを長押しすると、制御点を追加・削除するツールや、方向線(カーブを制御する点)をオンオフするツールなどが選べるので、必要に応じてツールを切り替えつつ描こう。このへんはショートカットキーに登録しておくと便利かも知れない。

 作ったパスを保存しておこう。

レイヤーパレットの「パス」タブをクリック


レイヤーパレット右上の横向き三角をクリック→パスを保存を選択
名前を入力するウインドウが表示されるので、好きな名前をつける

 

「作業用パス」の上で右クリック→パスの塗りつぶしを選択

 パスで描いた複雑な形状に色を塗ることができた!

 パスとして保存しておくと、あとから使い回すのに便利だ。こんな感じのことができる。

  • 保存しておいたパスは複製してペンツールで再編集できる
  • パスで作った形状の選択範囲をいつでも呼び出せる
  • 複数の選択範囲は「合成」することができる

 これらを組み合わせ、今回は髪の陰影をはみ出さずに塗ることができたのだ。

 具体的なやり方は、また別の記事で紹介するけども、それまでに私がやり方を忘れそうなので、ざっくりしたやり方をメモっておこう。

  1. もとのパスを複製(名前を髪の影、とでもしておく)
  2. 髪の影をダイレクト選択ツールでちょちょいと修正
  3. 髪の影から選択範囲を作成
  4. 選択範囲を反転
  5. 元のパスから選択範囲を作成、オプション選択時に「現在の選択範囲との共通範囲」にチェックを付ける。
  6. これで、結果として「陰影部分」のみが選択状態になるので、画面上部の編集→塗りつぶしで少し濃いめの色を塗れば完了

 というわけで、今回の覚書を終わる。

関連:


Photoshop(フォトショップ)は、多くのプロが使用している本格的なペイントソフトです。
トップページ> 小技 > その他の小技 もくじ